SOCIO OTEMACHI T-SQUARE

現地・マンションギャラリー案内図 物件概要 来場予約 物件エントリー サキガケメンバー専用サイト
ゆるぎない安心と、心地よさを。 image photo

安心と安全を守るクオリティを追求。
揺るぎない強さを実現する確かな構造。

N値60以上の支持層へ
高強度の節付杭を施工した
強固な杭基礎構造

既製コンクリート杭

工場で製造される高強度な杭を現場に搬入し、継ぎ足しながら必要な長さにする杭です。掘削機により先行して地中を掘り、根固め液・固定液を注入し、既製コンクリート杭を挿入します。現場での施工データはオンラインで管理しています。

ひび割れ防止補強筋

コンクリートの収縮が集中しやすい窓などの開口部の周囲、特に角の部分などには補強筋を適切に配して、ひび割れの発生を抑制しています。

拘束性の高い溶接閉鎖型帯筋

コンクリート柱内に配される鉄筋は、縦方向に伸びる主筋とそれを拘束する帯筋とがあります。帯筋がしっかりと主筋を拘束することで、地震などの影響によるコンクリートの損傷が防止されています。揺れに対してもよりいっそうの粘り強さを発揮します。

ダブル配筋

主要な壁や床の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋としています。シングル配筋に比べ、より高い強度と耐久性を実現します。

劣化しにくいコンクリートを採用

圧縮強度(設計基準強度)27〜48N/㎟のコンクリートを使用。地震の際に柱や壁にかかる押しつぶす力に強く、頑強な建物です。コンクリートの劣化を低減するために、セメントの重量に対して水の重量の割合を50%以下に設定。水セメント比は小さいほど強度が上がり耐久性もアップします。

強固な支持層に埋め込む杭基礎

綿密な地盤調査により検出した、地下約29m、N値60以上の硬い支持層に64本の既製コンクリート杭を施工。現場の地盤に適した深さに多数の杭を施工することで、強固な建物構造を実現しています。

徹底した地盤調査に基づく設計

建築予定地の地盤に適した構造設計を行うため、事前に地盤調査を実施します。地盤の固さや締まり具合、土層の構成を判別するための数値(N値)を得るための標準貫入試験やボーリング(試掘)調査といった入念な調査を行い、これらを通じて得たデータをもとにマンションの基礎設計を実施します。

※N値とは/標準貫入試験によって求められた、地盤の強度を表す単位のことです。標準貫入試験とは、63,5kgの重りを75cmの高さから自由落下させて鋼製棒を打ち込むという試験で、その鋼製棒を土中に30cm打ち込む(貫入させる)のに要する打撃回数を測定します。落下打撃回数の値がN値で、その数が多いほど地盤が硬いということになります。

外壁タイルを剥がれにくくする
「弾性接着剤貼り工法」

外壁タイルは美観を高め、風雨による劣化やその修繕費を抑え資産価値を保ちます。しかしまれにタイル面に浮きが生じることがあり、剥落を起こしやすくなります。「ソシオ大手町〈T-SQUARE〉」では弾性を有する接着剤で付着強度を高めた弾性接着剤貼り工法を採用。コンクリートの乾燥収縮等による変形に追従しタイルの剥落の危険性を軽減します。

住宅瑕疵担保責任保険

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく、住宅の主要構造部分の10年間の瑕疵担保責任の範囲が対象となり、建物の補修や損害賠償金支払いが施行されるよう、住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。

住宅性能評価書

設計・施工・竣工段階で、国の登録を受けた第三者評価機関が厳しくチェックし、住まいの安全性・性能を評価する住宅性能表示制度の「設計住宅性能評価書」を取得し、「建設住宅性能評価書」を取得予定です。

「特に優良な住宅基準」適合マンション

フラット35Sとは【フラット35】技術基準を満たした上で、「省エネルギー性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」「耐震性」のうちいずれか1つ以上の技術を満たす住宅を取得される場合に、お申込みのお客さまの【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。

※【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付けが終了されます。※下記は令和2年3月1日現在の住宅金融支援機構からの情報を元にしています。※詳しくは住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

いつも心地よく、将来にわたって住みやすく。
快適な居住空間を演出する高品質仕様。

上下階の生活音に配慮した床・二重天井

上下階から発生する生活音の伝わりを防ぐため、全戸で約250mm厚のボイドスラブおよび二重天井を採用(一部を除く)。

遮音壁による水廻りの遮音対策

水廻りに接する居室の壁にグラスウールを充填しています。またプラスターボードを片面二重貼りとし、遮音性を高めています。

十分な厚さの間仕切壁

住戸内の間仕切壁の下地には天井まで1枚の厚さ12.5mmのブラスターボード(不燃材料)を採用し、9.5mmブラスターボード(準不熱材料)と比べて強度を高める仕様にしています。

断熱性を高める12mmの複層ガラス

住戸のサッシや窓には、すべて複層ガラスを採用。従来の複層ガラスに比べ、中空層を12mmにアップした複層ガラスで、さらに断熱性を高めています。

遮音性に優れた戸境壁

住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造または乾式戸境壁とし、高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。

つながりも大切に、管理も邸宅と呼ばれるにふさわしい品質のひとつ。

住まいは人生を託す場所。それが価値の高い存在であればあるほど、永く住み続けるためのサービスは満足のゆくものでなければなりません。私ども株式会社GAパートナーズはアフターフォローも品質のひとつと位置づけ、定期的かつタイムリーな対応を継続。大切な資産を見守りながら、高品質の住空間を維持します。

電気料金一律(※10%割引)新日本パワーサプライ「電力一括受電サービス」

個別契約ではなく、マンション1棟の契約とする「電力一括受電」を採用。10%安価な電気をご利用いただけます。

たかのばし商店街
LINEで友だちになろう!
友だち追加
topへ移動