安心な暮らしの礎となる、
強固な耐久性と確かな性能。

既製コンクリート杭

工場で製造される高強度な杭を現場に搬入し、継ぎ足しながら必要な長さにする杭です。掘削機により先行して地中を掘り、根固め液・固定液を注入し、既製コンクリート杭を挿入します。現場での施工データはオンラインで管理しています。

■既製コンクリート杭施工手順イメージ

劣化しにくいコンクリートを採用劣化しにくい
コンクリートを採用。

圧縮強度(設計基準強度)27〜36N/mm2のコンクリートを使用。地震の際に柱や壁にかかる押しつぶす力に強く、頑強な建物です。

コンクリートの劣化を防ぐ水セメント比50%以下コンクリートの劣化を防ぐ
水セメント比50%以下。

コンクリートの劣化を低減するために、セメントの重量に対して水の重量の割合を50%以下に設定。水セメント比は小さいほど強度が上がり耐久性もアップします。

拘束性の高い溶接閉鎖型帯筋拘束性の高い溶接閉鎖型帯筋

コンクリート柱内に配される鉄筋には、縦方向に伸びる主筋とそれを拘束する帯筋とがあります。帯筋がしっかりと主筋を拘束することで、地震などの影響によるコンクリートの損傷が防止されているのです。従来は帯筋を止めるのにフックをつけて行っていましたが、「ソシオ新白島」では溶接によって閉鎖する方法を採用(一部除く)。揺れに対してもよりいっそうの粘り強さを発揮するようにしました。

外壁タイルを剥がれにくくする「弾性接着剤貼り工法」外壁タイルを剥がれにくくする
「弾性接着剤貼り工法」

外壁タイルは美観を高め、風雨による劣化やその修繕費を抑え資産価値を保ちます。しかしまれにタイル面に浮きが生じることがあり、剥落を起こし易くなります。「ソシオ新白島」ではゴム状弾性を有する接着剤で付着強度を高めた弾性接着剤貼り工法を採用。コンクリートの乾燥収縮等による変形に追従しタイルの剥落の危険性を軽減します。

ダブル配筋ダブル配筋

主要な壁や床の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋としています。シングル配筋に比べ、より高い強度と耐久性を実現します。

上下階の生活音に配慮した床・二重天井上下階の生活音に配慮した
床・二重天井

上下階から発生する生活音の伝わりを防ぐため、全戸で約250mm厚のボイドスラブおよび二重天井を採用。(一部を除く)

防音性に優れた戸境壁防音性に優れた戸境壁

住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造とし、厚さは約200mm以上を基本としています。これにより高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。(一部を除く)

遮音壁による水廻りの遮音対策遮音壁による水廻りの遮音対策

水廻りに接する居室の壁にグラスウールを充填しています。またプラスターボードを片面二重貼りとし、遮音性を高めています。

断熱性を高める12mmの複層ガラス断熱性を高める12mmの
複層ガラス

住戸のサッシや窓には、すべて複層ガラスを採用。従来の複層ガラスに比べ、中空層を12mmにアップした複層ガラスで、さらに断熱性を高めています。

遮音性が高いT-2等級サッシ遮音性が高いT-2等級サッシ

全開口部に設けたアルミサッシの遮音性能は、約30dBの遮音を実現するT-2等級を採用しています。

入居者の出入りはスムーズにしながら、
幾重ものセキュリティチェックで安心・安全を確保。

ハンズフリーキーで出入りできるスムーズなエントリーシステムを採用。
敷地全体を目隠しフェンスやコンクリート壁で囲うことにより、プライバシーを確保し、同時にセキュリティを高めています。

エントランスホール

ハンズフリーキーを携帯しておけば、キーリーダーに近づくだけで入館できるセキュリティシステムです。

駐車場ゲート

駐車場を利用するときは、専用リモコンを操作するだけで自動ドアがオープン。駐輪場、バイク置場を利用する場合は、ハンズフリーキーを携帯しておけば、キーリーダーに近づくだけで自動ドアが1枚分だけ開き、ハンズフリーで入館できます。

風除室からエレベーターホール、
そして各住戸まで細部に目を行き届かせる安心のシステム。
防犯カメラ防犯カメラ

人の目が行き届きにくい死角や敷地内入口に防犯カメラを設置。防犯効果を高めるとともに、画像は録画され、一定期間保存され万一の場合に対応します。

エレベーター内監視モニターエレベーター内
監視モニター

エレベーター内に設置した防犯カメラの映像は、1階エレベーターホールのカラーモニターに映し出され、内部の様子を確認できるため、防犯効果も高まります。

住戸から共用部まで
スムーズに出入りできる
ハンズフリーキー
「Tebraキー」

エントランスや駐車場ゲートは、バッグやポケットにTebraキーを入れておけば、キーリーダーに近づくだけでラクラク解錠。わざわざカギを取り出したりする必要もなく、スムーズに出入りできます。各住戸の玄関も鍵を取り出すことなくボタン操作で解錠することができ、利便性を高めています。

ハンズフリーキー「Tebraキー」
鎌デッド錠鎌デッド錠

バール等でのこじ開けに強い鎌デッド錠。鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にがっちりとかみ合い、こじ開けにくい構造となっています。

シリンダー錠シリンダー錠

約5兆5千億通りもの鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製がきわめて困難なクラビス(Clavis)F22シリンダーを各住戸の玄関ドアに採用。
※キーヘッドの形状は異なります。

カラーモニター付インターホンカラーモニター付インターホン

来訪者を映像と音声で確認できる住戸内カラーモニター付インターホンを設置。録音機能もついており、設定をすれば不在時にも来客を確認できます。
※集合玄関機からの呼び出しのみ

各住戸から共用部まで、
入居者の安心を守る防災体制。

万全の24時間セーフティシステム

インターホン設備と連動し、専有部の異常を遠隔監視するシステムです。共用部においては、自火報受信盤及び設備警報盤等と連動し、24時間体制で監視しています。

万が一の場合でも安全で確実な防災対策を実現。
エレベーター安全装置

エレベーターが運転中に地震の揺れを感知すると自動的に最寄階に停止し、扉が開きます。また、停電した際にも最寄階に自動停止し、天井の停電灯が点灯。インターホンで外部と連絡がとれます。


もしもの時に備えた、耐震玄関ドア枠を採用

ドア枠には耐震玄関ドア枠を採用。地震によってドア枠が多少変形しても開閉が可能です。


万が一の火災を最小限にくい止める消火システム

3階以上の階には、消防隊のポンプ車と直結できる連結送水管の放水口があります。


外壁タイルを剥がれにくくする「弾性接着剤貼り工法」

万が一、火災が発生した場合、スムーズに階下へ避難できるよう、バルコニーには避難ハッチを設置しています。また、避難ハッチのない住戸は、バルコニーの隔板を破ることにより、近接住戸の避難ハッチからスムーズに避難できます。


火災の発生にすばやく対応するための火災感知器

火災が発生すると火災感知器が作動し、インターホン親機・インターホン子機の両方が警報を発するとともに、出火階と直上階の住戸インターホン親機にも異常を知らせます。また、同時に管理事務室にも自動通報されます。


↑TOP